FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月28日早朝(27日深夜)、行政書士としての大先輩のN先生が、お隠れになられた。
お若い頃、税理士資格にチャレンジされ、あと一科目合格すれば…と言うところまで、来ておられたそうだが、よんどころない事情で、受験の継続を断念し、行政書士の開業に踏み切られたそうだ。

その後、約三十五年、努力に、努力を重ねられて、今日をお迎えになっておられた。
先生は、いわゆる「記帳代行」を業務の中心に据えておられた様で、お客様の会計記帳のご指導などを丁寧になさってこられた様であった。
豪放磊落な、しかも、温かいご性格で、人望が厚かった上に、いわゆる面倒見の良いご性格のせいか、多くのクライアントを獲得し、お仕事は、隆盛を極められた。
もっとも、右肩上がりに発展して行ったワケではない。行政書士は、その制度的限界として、ホゾを噛む事が多い。N先生の場合を例に挙げれば、所得税の確定申告書を作成する知識も技量も十分に持っていたとしても、税務署への提出代理権が無いので(それは、主に税理士の専権)、本人申請の形を取らざるを得ない。つまり、依頼者の立場から見ると、確定申告書をN先生に作ってもらっても、税務署への提出は本人である自分で行く事になる。
書類の記載内容についての税務署からの質問にも自分自身で、答えなけばならない。
先生は、依頼者のその不便さを補う為に、提出時には、ご自分も同行し、質問に答える際にも、やはり、同行なされたとの事。
しかし、行政書士なら誰でも経験のある事なのだが、周りに税理士さん達が、沢山おられる税務署の建物の中に、一人駒を進める、と言う事は、中々勇気の要る事なのである。時には、好奇の目で見られ、時には、胡散臭い目で見られ、実際に「場違い」を指摘される事もありうる。自分一人ならともかく、クライアントの方と一緒の場合など、身を切られる様な辛い思いをなさったかもしれない。
しかし、先生は、お客様の事を思い、その重圧に耐え、窓口に進まれた。
やがて、その熱意と誠実さが、税務官僚の皆さんの心を打ったらしく、「もう、あなたは、あなただけで(税務署に)来ていいですから.…」と言う言葉を頂戴したそうである。つまり、税理士さんと同じ様に、本人に代わって、色々なやり取りが出来る様になったのである。これは、大変大きなメリットである。依頼者の方々も、さぞ、喜ばれたであろう。
この様に、日々の努力を積み重ねていかれた結果、最晩年は、堂々たる経営基盤を築いておられた事は、広く江湖に知られておられる事である。

しかし、先生は、ご自分の栄誉、栄達に、こだわる事なく、我々、行政書士の後輩達の面倒も、良く見て下さった。
行政書士会の中の要職を次々と歴任され、その都度、新しい制度の導入、或いは運用を試みられ、改革への情熱は、トップの座を後進に譲られた後も、衰える事は、無かった、と思う。
全都道府県の行政書士会の集まりである、日本行政書士会連合会の要職を勤めておられた時も、お辞めになられてから、お隠れになられた最近まで、例え、小さな仲間の集まりであっても、良くお顔をお出しになっておられた。
そして、お説教、冗談、仕事の苦労話~など、その明るいお姿と快活なお話ぶりに、周りに人垣の切れる事が、無かった。
私も、個人的に、俗に言う、目をかけられた一人であり、お別れは、痛恨の極みである。
だが、今は、現実として、受け止め
寂寥とした心持ちに、鞭打って、先生に少しでも、ちかずく努力をしたい。
それが、先生の我々の身の上を案じて
下さるお気持ちにお答えする方法だ、と思う。

ところで、先生のお仕事は、しっかりもののおじょうさんが、引き受けてくださった。お客様にとって御迷惑になる事は、なさそうで、ある。
スポンサーサイト

暑中お見舞い申し上げます(^^)。
「たわむれに 母を背負いて その余り熱さ(暑さ)に 負けて 三歩で 潰れる」
千年に一度と言われております(⁈)、
この猛暑、皆様、くれぐれもご自愛下さいませ。
ワン・ストップサービスです。
つまり、色々な法律問題に、とりあえず、対応出来ます。
行政書士業務以外の分野の相談にも応じます(原則無料です)。
「それは専門外ですから…」と、お断りする事は、勤めて行わない様にしています。
これは、私どもの事務所の信念です。
お客様からご覧になると、大変便利です。
それから、仮に、私どもの力の及ばないご依頼事や、業務の範囲外のご相談事の場合には、然るべき人、専門家をご紹介致しますし、その後のいわゆるフォローも、させて頂きます。
許認可業務~代表的なもの は、建設業許可申請です が…、は、全般的にお引 き受け出来ます。
相続・遺言業務~昨今は、こ の関係の相談事が、増え ました。
せっかく、遺言のご相談 にお見えになられて も、肝心の家・土地の 名義が、まだ、ご本人 名義になっていない(例 えば、相談者の亡くな った祖父名義のまま) と、言う事が、かな り有ります。 そんな場合、遺言を するしないに拘らず 相続登記を済まして おく事をお勧めして おります。
「相続・遺言相談センター 福岡」 を立ち上げて、電話相 談にも応じています。 業務の質は、他の団体、 事務所とさほど変わらな いかもしれませんが、一 つだけ、違う点があると すれば、「遺言執行者」 に選任された場合の「遺 言執行の報酬」額の決め 方でしょうか。
「何パーセント」と具体的 に決めるやり方が、普通 でしょうが、例えば、同 じ、3パーセントでも、 一億円の3パーセントと 一千万円のそれとでは、 ご遺族の「被害感情⁈」 が、異なります。
なに しろ、決めたご本人は、 亡くなっていないわけで すから、御遺族も、確認 しょうが、ありませんか ら、ご不満が、残る様で す。
そこで、ある時から 家庭裁判所に決めて頂く 様にしています。 その方が、ご遺族にも納 得して頂きやすいからで す。
他にも、ご説明を差し上げたい事は、多々ございます。 どうか、ご遠慮無く、お問い合わせ下さいませ。 (ご連絡先) 092-722-0383
7日(日)は、新暦の七夕の日、私の出身小学校の同級生の同窓会が、ありました。名づけて、「七夕会」と称します。毎年、良く集まります。今年も、100名近く集まりました。詳しい事は、フェイスブック7月19日分に載せております。
fc2blog_20130711022155378.jpg">
2013.07.05 大雨有情
昨日の大雨、午前11時過ぎから始まりました。
県土事務所からの帰り道、ポタポタ、と落ち始め、地下鉄の駅に着いた時、ザーッと来始めました。
アー、間一髪、と久しぶりの運の良さに、内心ニンマリとしたのです。が、次の瞬間、「ない、無い、ケータイが、無い⁈」と言う事に気づきました。
どうやら、県土事務所に置き忘れた様です。
取りに帰ろう!、そう思いましたが、空を仰いで、ため息、この雨ではね~…。
しかし、しばらくすると、小降りになりました。時間も無し、思い切って、いざ、県土事務所を目指して、走り出しました。雨は、止むだろう、と思ったのです。
しかし、天候は、三転し、ポタポタから、ポタージュへ…。ついに、土砂降りになりました。
さすがに、たまらず、通り過ぎ様としていたパン屋さんの軒下に飛び込みました。
回れ右!、して見た、雨模様の凄い事、眼の前の10m道路が、瞬く間に、小さな濁流の渦巻く「一級河川」になりました。
眺めている限り、それは、それで、楽しいのですが、過ぎ行く時間を座視し続ける事の出来る、心のゆとりはありません。
もう、県土事務所に引き返すのは、諦めました。
それよりも自分の事務所に帰らなければ…。ご来客の予定が、あるのです。
しかし、雨は、止みそうにもありません。だんだんとイライラして来ました。ズブ濡れになっても構わないから、飛び出そうか、と思案にくれ始めた頃に…、後ろの扉が、開いて、白いベーカリー服に、白いベーカリー帽子をかぶった若い女性が、「どうぞ、この傘を使って下さい。要らない傘ですから、後は、ご自由に処分なさって下さい。」と、和かに、ほほ笑んで、おっしゃって下さる、では、ないですか。
一瞬、キツネにホッペタを摘ままれた錯覚に襲われましたが、直ぐに、からだ中を感謝の気持ちが、かけ巡り、感激の涙が「なだそうそう」でした。
おかげで、事務所にも、無事に帰りつき、ご来客の方に失礼な結果にならずにすみました。
また、直ぐに、県土事務所に電話が出来、携帯電話の無事も確認出来ました。
人様の親切のありがたさが、身にしみる、昨日,今日です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。